×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ペニスが腫れる原因とは?

あなたは【ペニスが腫れる】という症状が出ていったい何が起こったのか不安になっていませんか?

では、ペニスが腫れる原因について考えてみましょう。

 

一番多いパターンが「単なる炎症」です。
これは雑菌などが入ってしまい腫れているというものです。
対処方法は簡単で、しっかり洗って清潔しておくだけです。
下着はあったものをこまめに取り替え、きちんとお風呂で洗えば自然と回復していきます。
このパターンの人は気楽にできます。

 

もちろん腫れて痛みが引かない、どうしても我慢できないという方は病院に行くことをお勧めします。
やはり自分の勘や、インターネット上にある不確かな情報のみで結論を出してしまうのは後々公開することになります。

 

もうひとつの可能性は「原因が性病」であった場合は厄介です。

ペニスが腫れる原因が性病であった場合

厄介なパターンが原因が性病にあるケースです。

性病といっても種類があるので、それぞれに特徴があります。
その中でペニスが腫れるというものは次の可能性があります。

  • 淋病感染症(淋病)
  • 性器クラミジア感染症

それぞれの性病について説明を書いてもいいのですが、あまり意味がありません。
※あえて書きません。
意味がないとは、あなたの判断には意味がないのです。
お医者さんでも、これだろうまでは判断できますが、これであるという判断は検査しかできないことです。

 

あなたが気になっているのなら、検査を受けてはっきりさせるべきです。
検査というとなかなか面倒ですが、自宅でできる検査キットもありますので時間が取れない方は活用してみるといいかもしれません。いくつかのサイトがあるのですが、いろいろ比較していても料金などはさほど変わりません。それよりも結果がちゃんとしているのかということが何よりも大切です。安く調べることができ陰性でした。でも腫れが治らないので別のところでもう一回検査したら性病でした。ということでは意味がありません。

 

どこなら信頼できるのか?
当サイトではひとつ紹介しておきます。NHKなどにも取れ上げられている登録衛生検査所である検査所のサイトです。
ちなみにクラミジアと淋病の検査では6000円位でできます。

 

 

エイズに関するミニコラム-豆知識コンテンツ-

HIVウイルスというのをご存知でしょうか。現在非常に警戒されているウイルスの一種ですが、エイズウイルスと言われることもあります。厳密にはHIVウイルスといい、感染し長い潜伏期間の末にえいずという病名の病気を発症するウイルスです。 このHIVウイルスには現在特効薬となる薬がないとされ、進行すると体の免疫機能が壊死し、風など通常軽いとされている症状でも重症化してしまう可能性が高くなる危険性が高い病です。 具体的にペニスが腫れるなどの症状が現れないためなかなか気づくことがでいないことも恐れられている原因の一つです。 性病に関して詳しく知りたい方は「性病検査を自宅でする方法|匿名・郵送で簡単チェック」など参考にしてみてください。特にこれは男性の同性愛者間で広がりやすいとされており、現在ゲイの集いがあるバーなどでも啓発ポスターが貼られるなどその危険性の周知がされているようです。ペニスが腫れるという目で見てわかる人は避けれますが、このような場合は最後まで行ってしまいそうです。自分のためにも、他の人のためにも自分は感染していないか、今一度確認が必要です。ペニスが腫れるということは正常時ではないことです。何らかの原因があることは間違いないです。いくつかの候補があるのですが、可能性が高いものは○○です。ほかにも不衛生のためにばい菌が入ってしまった、皮膚の病気の一種などが考えられますが、可能性が高いのはやはり性病です。自身の生活を振り替えてみて心当たりがある場合はチェックが必要です